2017年6月21日水曜日

AKB総選挙での結婚宣言はダメだと思う件

自分はAKBには興味がないけど、
テレビやネットニュースを見ているので
ある程度の人並みの情報は知っています。


例えば、誰が脱退したとか、
誰が丸坊主にしたとか。


で、今回耳に飛び込んできたのが
総選挙での結婚宣言をした人がいたとか。


そのことについて
脱退したメンバーが厳しい言葉を
投げかけていて、
そのことに批判の声もあるようです。


でも、全く興味が無い自分も
断片的な情報を見る限り、
AKB総選挙での結婚宣言は
駄目だなって思います。


なぜ駄目だと思うか。


普通の仕事だったら、
就業時間は何時までと決まっていて、
それ以外の時間はプライベートだから
会社だろうがお客さんだろうが、
深入りする権利はありません。


でも、AKBを見ている限り、
そのプライベートの境界線が無い仕事なんだ
って思うんです。


例えば、恋愛禁止。
このルールを出したということは、
プライベートと仕事に
きっちりと境界線を引けない仕事だって
言っているようなもの。


嘘であれ、本当であれ、
プライベートも含めて
応援してくださいということですよね。

さらに、ツイッターやら
Facebookで、私生活も公表していて
それも総選挙などの人気をアップさせるために
からめているわけです。


そんなつもりは全くないんです。
仕事とは別のプライベートなんです。
とはならないはずです。


実際にファンとテレビに出ている以外の時間も
ネット上で交流しています。
ということは、
私生活もまるごと含めて
商品としてお客さんに提供している
ということです。


もちろん、その私生活がリアルでなくて、
偶像のように飾り立てたものであっても
良いわけです。
アイドルとはそういうものだから。


でも、プライベートを含めたかたちで
恋愛禁止までうたっている
グループに所属し、
その条件のもとでお客さんが
CDを買って投票をしているわけです。


それにもかかわらず、
その投票結果の場で、
実は結婚しますというのは、
ビックリマンチョコを購入後に
中を見てみたらドッキリマンチョコだった
というくらい違うようなもの。


ビックリマンやドッキリマンを知らない世代も
多くなってきているかな・・・^_^;


とにかく、
何らかの商品をネットの詳細記事を読んでから
購入したのに、
届いたら、詳細記事とは違う商品が届いたということです。


まぁ、さすがに批判されても
文句は言えない行為なのかなって思うんです。


私生活の偶像も含めて
商品として提供して、
それを判断材料にして
凄まじいお金を使った人もいるわけです。


買う方には買う自由、買わない自由があって、
どちらも自分で選べるんで、
その人が勝手に買ったんだ
と突き放すわけにはいかないはずです。


信じる方が悪いということも
少なからずあるのでしょうが、
でも、信じる人がいても
おかしくはないわけです。

むしろ信じてくれる人たちに
支えられているグループなのかもしれませんし。


個人的にAKBとか興味はないんだけど、
この程度のことくらいは
うっすら理解できます。


だからこそ、
結婚宣言はしたものの、
私生活も偶像であれ
パッケージで売っていたんだから
これからの私生活が
とっても大変なんだと思います。


結婚して脱退したんで
はい、さようなら。
というわけにはいかないでしょう。


もしかしたら
愛情から憎悪に変わってしまった人も
何人かはいてもおかしくはないのかな
という気がします。


AKBを運営している人たちは、
そのことも理解しているだろうから、
日常生活を警備する必要も出てくるんだろう
と思います。
いや、むしろ警備が必要でしょう。


テレビやネットニュースでの
断片的な情報のみで
考えたことを書いているので
全く見当違いのことかもしれないですが、
思ったことを書きました。


ではでは。

おすすめの記事