2017年6月2日金曜日

できない理由ばかり探す人は本気では無い。

石田えりさん(56)が、ライザップに挑戦して、
20代のころのプロポーションを取り戻した
という内容のことがテレビでやっていた。

                 ライザップCMより


番組内では、そのことを街の同世代の人たちに意見を
聞いていましたが、
この同世代の人たちの意見を聞いていて、
勉強が苦手な子どもたちと同じだなと感じました。


できない理由を探す。


結局、やろうという意思はそこにはなくて、
私に石田えりさんみたいなことは無理だという前提
無理な理由をひたすら述べているのです。


本気でそうなりたかったら
言葉は180度変わって前向きになるはずです。


なかなか贅肉が落ちなくて・・・
午後にちょっとだけ食べてしまって・・・


テレビで意見を聞いていると
どこか他人事のように自分の行動を客観的に述べている。


自分の行動は自分でコントロールできるはず。


コントロールできるはずなのに、
他人事のように贅肉が落ちなくて・・・
なんて言っているということは、
結局のところは、私は今のままで構いませんという
思いがあるんでしょうね。


辛いダイエットをするくらいなら
今のままの方が楽だということを選んでいる。


本気で変わりたいと思ったら、
日々の行動が少しずつ変わってくるはずです。


本気なら。


人生は、自分が本気になれる
何かを見つけることができるか。


ということが生きる充実感にもつながるし、
人生をプラスに変えていくきっかけにもなるんだろうな。


そんなことを感じた一場面でした。