2016年6月8日水曜日

子育てに大切な夫婦関係&バンコク日本人学校授業参観

仕事柄、子育てについては
四六時中考えています。




で、いろいろと考えていたときに
やっぱ一番大切なことはこれだよね。



ということに行きつきます。




それは夫婦関係




夫婦関係が悪ければ
どんな子育てテクニックを駆使したって
その悪い関係を見ている子は
ストレスが溜まり、勉強どころではない。



さらに目の前の夫婦が
ある意味、人生のお手本だから
そのお手本を見習いながら生きることになる。



そんなことに興味がある方は

子育てブログを読んでください!
⇒http://yoioya.blogspot.com/2016/06/blog-post_8.html




さて、昨日はバンコク日本人学校に通う息子の授業参観。



よくありがちな発表形式の授業かと思ったら
子どもたちが発表内容を創り上げるところも
しっかりと見せてくれました。



がっかりする授業参観は
ただグループごとの発表で、
我が子が数分発表したら
後は、ずっと話を聞く姿勢しか見えない。



先生は司会進行。



楽しみに行っているのに
そんな内容だと
ため息が出るものです。



今回は作り上げるところが
見えたので子どもの様子をしっかり見ることができて
良かったかなと思います。



内容に関しては
職業柄いろいろと言いたいこともあります。



でも、それぞれの先生方が今できる範囲で一生懸命
やっているのでしょうから良いんだと思います。
一生懸命さが伝わってきたら
それでOKだと思っています。



一人一人の先生が
保護者のクレームを恐れることなく
もっともっと色を出してほしいです。
先生の色を感じる授業参観だったら
もっともっと見に行きたいです。



各クラスが一緒の内容をやっているのがばれてしまう
隣の部屋から全く同じめあてが聞こえてくるのは
ちょっと寂しいです。


ある保護者の方は
教室に入らなくても隣のクラス見てたらわかるな
との発言も聞こえました。


別に気をてらった授業をしてほしいわけではなく、
普通の普通の授業を観たいです。
そこに子どもの本当の姿が出るのだから。


でも、先生に気をてらわせてしまうのは
今までの親の姿勢でもあったのかもしれません。


あとは、クレームを恐れ過ぎなのかもしれません。



色を出すとスタンドプレーと怒られ、
色が無いとつまらないと怒られ、
そんな板挟みにあっている先生もいるのかもしれません。



どちらにも何かしらの原因があるんでしょうね。


そんなことを考えた1日でした。



おすすめの記事