2016年6月21日火曜日

タイのイミグレーションで家族ビザを延長する日。


毎年、この時期が嫌なんです。



なんの時期かというと
家族ビザの延長にイミグレーションに来ることです。


タイのイミグレーション



何が嫌か。




それは入国管理局の職員の裁量というか
性格によって取得までのストレスが
大きく変わるからです。




この書類が足りないだの
いちゃもんをつけてきて、
その1枚の書類を手に入れるために
エカマイの銀行までバイタクで往復したことも。



また入国管理局の職員の中には
その裁量をもっていることの意味を
自らわかっていて、
超エラそうにふんぞり返っている人もいるんです。



だから、こっちはこの時期だけは
ペコペコと善良な市民を過度に演じる必要があるんです。




銀行で書類を手に入れて
午前中にイミグレに行けたんですが、
番号は124番。



電光掲示板を見ると64番・・・



喫茶店で時間をつぶし、
昼ごはんを食べ。



それでも84番・・・

タイのイミグレーション



超待ちに待ちましたが、
お陰で久しぶりに奥さんと二人っきりの時間を
過ごすことができて
色々と話せたのは2人にとっては良かったです。




外から掲示板を眺めて
100番を越えたあたりで
中に入って座りましたが
驚くべきことが・・・



それは電光掲示板が動いていないのに
職員が声掛けで番号を読んでいたことですw


ちょいちょいちょい。


いない人がたくさんいて
自分の番が急に来ました。


きっと他の人も外から眺めて
待ちくたびれていたことでしょう。


後で中に入っても
自分の番が過ぎているという悲劇が
待っているとは・・・


さて今回はかなり残念なことに
家族ビザが2か月しか出ませんでした。



長年更新していると
こんなこともあるもんです。



タイのビザ更新。
90日レポートもそうだけど、
本当に面倒です。