2016年6月14日火曜日

アメリカ銃乱射テロ事件で思い出すフェイスブックのトリコロールとアイスバケツチャレンジ。

アメリカで銃による無差別殺人が起った。



ISが犯行声明を出したようで、
テロの意味合いが強いんだろうな。



そんなとき、ふと思い出すのが
フランスのパリ同時多発テロの時にフェイスブックのプロフィール写真に
フランス国旗のトリコロールカラーが溢れたこと。



本当に心から追悼の意を表明しているんだろうな
とは思っていたけど、中にはファッション感覚でやっている
ちょっと不謹慎な人もいるんだろうとも感じていた。



で、今回のアメリカの銃乱射テロ。



フェイスブックでトリコロールの国旗を掲げていた人は
アメリカの国旗も掲げないと主張に一貫性が無く、
ファッション感覚だということにはならないか?



それとも自分の中で国旗を掲げる基準があるのだろうか?


同時多発でなければならない。
死者が100名を越えなければならない。


とか。



別に同時多発だろうが、単発だろうが
テロには変わりないと思う。


死者の数で被害の重さを判断するのも変。
99人だったら別に追悼の意を表明しなくていい理由が
あるのだろうか?



なんかファッション感覚で
深くも考えずにノリでやっている人が多いのは
とっても違和感がある。


ただのファッションなら良いんだけど、
そこに人の命がかかわっているから。



アイスバケツチャレンジだってそう。


1円も寄付してないんだとしたら
障碍者の名目を利用して
ノリで、ちょっとかぶってみたい氷水を
ザバッとかぶれて楽しかった!
レベルなのかなと感じる。



ということで、
今回のアメリカの銃乱射事件を見ていて
感じたことでした。