2016年9月30日金曜日

幸せって何だろう?



自分にとって幸せってなんだろう。




そんなことを考えたことってありますか?




色々な答えがありそうです。


お金を稼ぐこと。


世界を一周すること。


南の島でのんびり暮らすこと。




でも、自分は40歳を目の前にして
ちょっと若いころと価値観が変わってきたような気がしています。




死をリアルに意識している。




すると、人間の本能なのか、
自分の遺伝子をもっている
息子や娘の幸せが
自分の幸せにつながっています。



これは子供ができたときからもっている感覚なんですが、
歳を増すごとに強くなってきているようです。



子どもをもつとは
人間を成長させることだなと痛感しています。



というのも、若いころって
自分、自分、自分・・・



どこまで行っても自分のためだけに
人生を過ごしていました。



でも、子どもができ、歳を重ねていくと
自分のことより優先すべきことがあること、
さらにその優先が嫌々ではなくて
自分の幸せにもなっていることに気が付きます。



自分以外の人の幸せ=自分の幸せ



これは、1人で生きていたら
なかなか到達できない境地なのかな
と感じています。




こんなとき、何にも代えがたい幸せを感じます。



子どもをもつことは
自分の時間を大きく削られることもあるけど
削られた分以上の幸せがあるんですね。

おすすめの記事