2016年9月7日水曜日

【疑問】ミス・ワールド日本代表がハーフであるということ



2016年のミス・ワールド日本代表が
インドと日本のハーフである
吉川プリアンカさんに決定したとのこと。




2015年も宮本エリアナさんというハーフの方だった。




自分の子どもたちもハーフだから
まったく偏見はないけど、
国別でやっているからには
ミス・ワールドはハーフに対しての基準が必要なんじゃないかな
と感じた。



そういうと偏見と言う人が多いようだけど、
人格やハーフを差別したいという意図ではなくて、
純粋に国別とはどういう意味なのか?
国籍別という意味なのか?ということ。



猫ひろしがカンボジア代表になったけど、
これにも自分は疑問を覚えた。



国別っていったいなんなんだろうと。



インドと日本のハーフであれば、
もしインドで暮らしていたならインド代表となる。



ミス・ワールドは暮らした場所別の大会なのか。



日本に住むアメリカと日本のハーフの方が
また日本在住のアメリカ人と結婚して生まれた子が
日本で暮らし、日本人としてのアイデンティティをもっていたとき
ミス・ワールドの日本代表になれるのか。




なんてミス・ワールドの代表選考を見ていて
こんなにハーフが世の中にいる現代社会では
国別という枠が応募枠みたいなレベルになっていくのかな。

おすすめの記事