2016年9月21日水曜日

ルーティーンの良さ | TOPSの喫茶店

ルーティーンの喫茶店



ルーティーンの喫茶店。




中毒症状の様に
最近では月から金まで
ウィークデーはほぼ毎日通っている。





新しい場所は探さない。





お決まりの時間にお決まりの場所。
お決まりのカフェモカ。





店員もさすがに週5で行けば
何も注文しないでも
にっこり笑顔で作り始めてくれる。




新しい刺激が無い定番の喫茶店の何が良いって
余計な思考をしなくて良いところ。




自分はカフェめぐりは興味がなくて
カフェはあくまで目的ではなくて手段。



何の手段かというと読書をして
思考を深める時間。




だから、新しい刺激はいらなくて
いつもの定番でイチローのルーティーンの様な
状態が思考には心地よいわけです。




これだけ毎日行くと
味の微妙な変化にも気づく。



今日は薄いな。
今日は濃いな。



何か胃にもたれるから
自分の体調が良くなさそうだ。



などなど。




同じことを続けているから
微妙な変化にも気づくようになるから不思議だ。





これだけのルーティーンだから
昨日は雨の中も行ってしまうほど。




傘を差しながら通うなんて
もう抜けられないなと思う今日この頃。




みなさんにもルーティーンはありますか?





おすすめの記事