2017年4月8日土曜日

バンコクで手乗り文鳥を飼ったとき、餌をどこで買うか。

手乗り文鳥
わが家の手乗り文鳥です。
チャトチャックの一角には文鳥が売っているところがあります。
そこで確か100Bくらいで購入しました。

わが家の手乗り文鳥などの動画は
こちらの記事にあります。

若いころから飼わないと、
なかなか手乗りにはならないので、
買うときは、一番若いのを選ぶようにした方が良いです。


餌はどこで買っているかというと、
チャトチャックに行ったときは
その店付近で買いますが、
そんな頻繁に行く場所ではありません。


バンコクで手乗り文鳥の餌を売っているところは
プラカノンにあります。
プラカノンのペットショップ

二軒続けて、ペットショップがあります。
ペットショップと言っても
熱帯魚と鳥、ハムスター、ウサギくらいしか
売っていなかったと思います。
プラカノンのペットショップ
正確な場所ですが、
エカマイ方面からプラカノンに向けてスクンビットを走ります。

BTSのプラカノン駅を越すと、
やがて陸橋が現れます。

その陸橋を越えて、
すぐ左に寄ってください。

すぐにペットショップが現れますので。
陸橋降りて本当にすぐです!


そこで買うのがこの餌。
手乗り文鳥の餌
 50Bです。
手乗り文鳥はこの小さい種のようなものを
器用に殻を割って食べます。


特に、それ以外の食べ物をあげる必要がないのですが、
時々、何かしらの野菜の余ったものを
食べさせてあげています。


あとは水でいいんで、
手乗り文鳥の飼育費は相当に安いです。


何よりパソコンで作業をしているときも
ちょこんと肩に止まってきたり、
手元で遊んでいたりするんで
かなり癒されます。


寝るときは、手に乗せて、
巣の入口まで近づけると、
勝手に入っていきます。


朝は逆に入口を開けて、
手を近づければ、手に乗って出ます。


バンコクで何かしらのペットを飼いたい方に
手乗り文鳥は超おすすめです!