2017年3月9日木曜日

高速道路に乗るような生き方をしていることに気づく

3月のバンコクは身体が痒くなるような
べたつくような暑さになってきました。


最近考えていたことなんですが、
みなさんは車を自分で運転しますか?

まぁ、乗車していたとしても
正面を見ていると同じようなことを
経験するかと思うんですが、
高速道路に乗っていると視野って狭くなりますよね。


道路標識も見なければならないし、
周囲の車の状況も確認しなければならないし、
色々せわしなく神経をピりつかせながら、
目的地に向けて突っ走っている状態ですよね。


そんな時を思い出してみてほしいんですが、
周囲の景色って楽しめますか?


運転している人は
景色なんて楽しんでいる暇なんてないですよね。


ただ、景色は線の様に流れていって
ただただ目的地に向けて
一心不乱に走っているはずです。


自分は今、年度末の仕事が立て込んできていて
ふと、この高速道路で走っている状態と
似ているなぁ・・・
と感じました。


とにかく朝から忙しいと
気が付いたらお昼になっていたりするんです。


大げさに聞こえるんですが、
本当に気が付いたらという表現がしっくりきます。

あぁ、もう昼!?


でも、精神的にきりきりしているだけで
実はけっこう余裕はあったりするんですよね。


ただ、精神的に高速往路と同じ状況を
自分で創り上げていたような気がします。

すると日々がビュウンとジェット機のように通り過ぎてしまって、
あぁ、また金曜。あっ、金曜。アッ、きん・・・

といった感じで一週間が過ぎていってしまいます。


だから、意識的にでも
喫茶店に行ったり、こうやってブログを書いたり、
ツイッターを更新したりしながら
スピードを緩めるようにしています。


昔からずっと自分の根底に流れている
「人生一度だけ」という言葉があるからこそ、
高速道路の上を突っ走るだけでは
幸せと言えるんだろうか?
という思いが沸いてくるんです。


毎日、家族としっかり向き合ったり、
景色を眺める余裕をもったり、
好きな本を読んだり、
珈琲の味を確かめたり。


別に時間がかかることではなくても
一つ一つを少しでも楽しめたらいいのにな
と思います。


やればいいじゃんといっても
やはり精神的に高速道路に乗っている状態なんですよね。


だから、あえて
頭の中を断斜離する意味で
やることリストを手帳に書いて
見えるようにしています。

一つやるごとにチェックで消します。

やることがスッキリしたとき、
本当のリラックスを味わい、
やらなければならないことではなく、
やりたいことができるようになるんだと思います。


ちなみに気を付けなければならないことは
気が付いたら高速に乗らされている状態で
目的地すら自分で決めていない状態のとき。


ただひたすら忙しい日々を過ごし、
目的地に到着してみて
はじめて「えっ!?こんなところを目指していたんだ・・・」
と後悔しないように
今の内から少し立ち止まって
目的地を設定した方が良いものです。


自分はどこに行きたいのか。


まずは1つずつ丁寧に作業をしていって
本当にやりたいことを仕事の山の奥から
救いだします!



おすすめの記事