2017年3月14日火曜日

真面目に生きなくてもいい。

自分のやりたいことができず、
毎日苦しんでいる人がいる。


昔、からくりテレビで
酒で上司や会社に愚痴を言っている場面を
多く見た記憶がある。


全員が全員ではないけど、
自分がやりたいことができず、
苦しんでいる人は多いのは事実のようだ。


苦しみ続けることが、すでに苦しいことだから、
自分が苦しんでいることから目をそむける。


酒だったり、「みんなそうだよ」
という納得感だったり。


どうして自分がやりたいことが、
できないで苦しんでしまう人がいるんだろうか。


そう考えたときに、
ふと頭をよぎるのが
「真面目に生きてきたから」
ということ。


私は高校までは真面目に生きていた。
都立の上位の高校だったけど、
渋谷が近かったのもあり、
授業中に抜け出してセンター街によく行った。


勉強は一気に下降。


真面目に言われたことは、
いちおうやって生きてきたから
中学までは学業もスポーツも、
それなりに結果を出してきた。


でも、高校生になると
背中を押してくれる人がいなくなった。
親も自分に任せてくれるようになった。


背中を押され続けたことで、
自分で船を漕ぐ力が圧倒的に弱っていたと、
今振り返るとわかる。


大学卒業後も
紆余曲折があった。


転職を数回し、海外にも渡った。


その都度、いろいろな挫折も経験したけど、
今になってはわかることがある。


その挫折ことが宝だったと。


挫折をしながら、
右左に大きく舵を切って生きてきた。


その右へ左へ行った分、
人生に深みというか、広がりができた。
最短でないからこその広がりだ。


結果として、太い生き方になっていると、
自分でもわかるくらいの今がある。



こうやって、右に左に動いた経験があるから、
何か問題があっても、右へ左へ大きく考える癖が、
身体に染みついているようだ。
最短で正解に向かわなくても、
結果良くなると信じることができる。


真面目にまっすぐ生きていたら、
最短距離で「正解」と言われそうな
生き方ができるんだろう。


でも、細長く真っ直ぐ伸びた木は折れやすく、
どこか不安を抱えた生き方になってしまうのではないだろうか。


右へ左へ大きく舵を切りながら生きてきた人は、
風にもびくともしない、太い幹ができあがる。

最短距離じゃないし、成長も遅いかもしれない。
でも、たくましい生き方につながる


最短で大学行って、最短で働く。
正解と言われる生き方だけを目指している人が、
あまりにも多い。


自分で船を漕ぐことをせず、
大人になってまで背中を押してもらっている人もいる。


最短じゃなくてもいい。
真っ直ぐじゃなくてもいい。
真面目な生き方でなくても良いんだよ。
そう背中で自分の子に伝えられる生き方をしたい。


今日も自分は右へ左へ、
しっかり考えながら、
最短ではない道を歩んでいるだろうか。
振り返る日々だ。

おすすめの記事