2017年3月16日木曜日

自分の性格は変えるために大切な考え方

バンコク日本人学校

自分の性格は変えられるのか?
変えられないのか?


結論から言うと
私は「人の性格は変えられる」
と思っています。


「考え方」が性格を作っていると思っていて、
その「考え方」は自分の頭1つで変えることが
できるからです。


テレビで芸能人が人生の転機を経験した
という話がありますよね。

あれも、衝撃的な出来事があったから、
自分の考え方が変わったという一例だと思います。


今まで自暴自棄に生きてきた人が、
親友の死を境にして、
真面目に生きるようになった
というのも性格が変わったと言ってよいはずです。


性格は考え方が作っていて、
その考え方は自分次第で変えることができるんです。


でも、人は変わることに不安を覚えるんですよね。
今までの自分の考え方に慣れ過ぎていて、
変えることに躊躇してしまうんです。


そんな考え方してはいけないのでは?
と勝手に自主規制をかけてしまう感じです。


自主規制を外すためには
本気で変えたいと思っているのか?
と自分の心と対話することが
大切なんじゃないかな。


対話するためには時間が必要。
心の余裕が必要です。


心に余裕ありますか?


自分もそうだったんですが、
時間に余裕が生まれると
何か詰め込みたくなるんです。

時間の貧乏性とでも言うんでしょうか・・・


だから、ついつい暇ができることを
不安に思っていた自分がいました。


でも、ある時から変わり、
暇ができたら、暇を楽しもうと
心がけるようになりました。


ある時は、ここ「タイ」が
きっかけでした。


タイの人たちは
心に余裕があるなって感じたんです。
本当にそうかはわかりませんよ。

でも、そう感じたんです。


仕事中に笑顔で談笑する姿。

日本人からしたら不真面目でしょう。
が、人生を楽しんでいる。
仕事をふくめて楽しんでいるように見えたんです。


心に余裕をもつことを
許せるようになると、
自分の心についても見つめることが
できるようになってきました。


すると、考え方を変えるきっかけが
ゴロゴロ転がっていることに気づいたわけです。


性格は変えられる。
性格を作っているのは考え方。
考え方は自分のさじ加減で変えられる。

その邪魔をするのは過去の自分。

実は誰も邪魔はしていない。
邪魔しているのは自分だけ。


変えたいと本気で思うのか、
そのままで良いのか。

結局は自分次第なわけだなって思うんです。


そのままでいいんだよ。


優しい言葉が巷にはあふれていますが、
そのままで良いと思うか、
変えたいと思うかすら自由なはずです。


他人に強制されたわけでなく、
自ら変わりたいと思うなら、
変わっていいんだと思います。

周囲の人が、性格を変えたあなたを見て驚こうが、
そんなことは自分には関係ないことです。

別に他人を傷つけたわけでもないんですし。


性格は変えられる。

私もまだまだ変わり続けています。
それが生きているってことなんだと思いつつ。


ちなみに写真は
バンコク日本人学校の入口で
心を動かされて思わず撮った1枚です。

自然の黄色って本当に素敵です。


こちらも関連している記事です。
自分の価値観に大切に生きるということ


おすすめの記事