2016年4月16日土曜日

物価上昇中のタイはロングステイ候補地の地位危うし

バンコクの物価が上がっている。
最近はこの印象を強くもっています。


10年前はバンコクにいると
経済的に少しお金をもっている感覚がありました。


それは日本とタイの物価に差があったからです。

しかし、今は日本もバンコクも
そんなに物価の差がないんじゃないかと感じます。

バンコクの物価

例えばS&Pというバンコクではよく見かける
チェーン展開しているレストランのメニュー表。

値段が見えるでしょうか?
画像をクリックしたら大きくなります。


ワンタンラーメンで150B程度。
日本円なら525円くらい。


日本でこれくらいの軽いラーメン食べても
同じくらいの価格なんじゃないでしょうか。


そして私が注文したカオソイ。
カオソイ

麺とチキンが主でそんなボリュームもありませんが145B。
500円程度です。


日本でもインターチェンジとかで出てくるラーメンと
同じくらいの値段でしょうか。

量は同じくらいですよ。


このようにバンコクと日本の差は
少しずつ縮まっていると感じるわけです。


未だに日本の人たちのイメージでは
バンコクはずいぶん下の様なイメージをもっている方も多いようですが、
そんなことはなく、
かなり日本に迫ってきています。


10年後はどうなっていることでしょうね。


ロングステイの候補地としては
魅力が半減してしまっていることは
かなり濃厚かなと思います。


年金の支給額も元本割れする可能性もありそうです。
元本のままでも
タイの物価が上昇すれば
ある意味、価値的には目減りしているわけですしね。

そんなことを感じるタイでの日々でした。

おすすめの記事