2016年4月18日月曜日

やっと発売!日清シーフードカップヌードルをタイで食す。

日清カップヌードル

日曜の夜は一人だったんで
タイのセブンイレブンで夜ご飯をチョイス。


自分で64Bセットと名付けてみました。
なかなか期待あふれるチョイスです。



中でも一番期待あふれたのがこちらの
シーフードカップヌードル。

日清カップヌードル

最近発売されたんだと思います。
今まで見たことがありませんでした。


日本製の
シーフードカップヌードルは日系スーパーなどで
手に入るのですが、タイ製で手に入るなら
ありがたいことです。


日清カップヌードル

デザートは
明治ブルガリアヨーグルト。
ヨーグルトはタイ製も日本製も味は大差なく
十二分に味わえるデザートです。



日清カップヌードル
それだけでは足りないので、
豚の焼き肉です。
レンジで温めてもらって
そのまま食べられます。


さて、シーフードカップヌードルを
期待を込めて開いてみると、
日清カップヌードル
今まで食べていたタイのMAMAよりは
具材が多いです。


でも、日本製に比べたら少な目ですね。




味は・・・


薄い。



薄味でおいしいとは思えませんでした。
期待していただけに(;へ:)グスン。



タイのセブンイレブンでは日本の製品が
どんどん手に入るようになってきましたが、
タイ製となるとまだまだ味は追いついていないですね。



が、そもそも日本と同じ味を求めるから足りない気がするのかも。
はじめから違うものだと思って食べれば
満足できるはず。



コペルニクス的発想の転換でカップヌードルを食べる日でした。