2016年4月21日木曜日

子どもたちを変える。自分も変わる。

ついに新天地での塾がスタートしました。

小川一樹



どうでしょう?
久しぶりにジドリしてみました。


我ながら目の下のクマが目立ちます・・・。
心は若いつもりでも
着実に肉体に疲労がたまっているようです。



そんなことはどうでもいいのですが、
落ち着いた色調の教室になりました!

バンコク学習塾TJブリッジ

階段の先には台所スペースがあり、
ソファーもあるのでリラックスできます☆



塾がスタートするとテンションが上がります。
授業はライブだと思っています。


だからこそ、ライブ会場オープン直前のスタッフ、歌手のように
準備やら心の整理やらでドキドキしていました。



でも、子どもたちがくるとスイッチが入る自分に気づきます。
先生って職業が好きなんだと改めて思います。




子どもたちを教える。



子どもたちを良い方向へ変える。



重責ですが、だからこそ遣り甲斐を感じる。



小学校の先生を辞め、
塾での指導。



言いたいことが言え、
やりたいことを自由にできる環境は
本当にありがたい。


ただし、自由にやれる人は限られているべき。
それは自分で自分を自己否定できる人。



他人から自己否定されなくなるからこそ、
より厳しく自己否定して進んでいかなければならない。




1回2時間限りの指導なので時間という資源を
失ったわけだけど、短い時間だからこそ濃密に伝えている。



昨日もいろいろ伝えた。



勉強を単純な作業にしない。

漢字の勉強の仕方。
ただ、10回書くなんて勉強ではなくて
作業レベル。

思いが行動を変えるということ。
などなど。




子どもたちを変える。
ということは自分が変わっていなければならない。



自分が常に良い方向に変わっているからこそ
子どもたちを良い方向に変えていく存在になれる。



また子どもたちと1年間頑張っていこうと
心から思えた1日でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事