2016年11月26日土曜日

映画【君の名は。】ただの男女入れ替わり系ではない!面白い!


フェイスブックやら、
テレビなどで良く目にしていた「君の名は。」


なんかピンと心に引っかからなくて
ずっとずっと題名だけしか知らない映画でした。



バンコクでも上映となって、
子どもが友達から面白いと聞いたらしく
見たいというわけです。



だから、わが家も劇場に見に行くことにしました。


1名 220B。





の声------------------------------



「あぁ、男女入れ替わる系ね。」



「あるある。良くある系だ。
 たぶんこうなるんじゃないかな。」




「ん?」




「これって、お、おもしろいかも・・・」



「そんなわけない。ありきたりなはず・・・」



「あれ、お、面白いぞ・・・」




「・・・」(集中状態)

-----------------------------------

ぐいぐいストーリーに引き込まれてしまいました^^;



入れ替わるパターンは
使い古されたようなものであっても
使い方でこんなにも面白くなるんだな・・・


あぶなく涙でそうになりました。
1人で見てたら泣いてました。


いや、まだ見ていない人もいるだろうから
詳しくは書かないけど、



「君の名は。」



大人は確実に見て損はないはず。



でも、ネットのコメントなどを読んでいると
エセ評論家の様に細かい分析をして
上げ足をとるようなものもありますね。




そのように見ようとしたら
私だってできるけど、
あえてそんな曲がった見方をしないのが
映画を楽しむコツだと思います。



ピュアな心で見る。



子どもは恋愛物語なんで、
中学生から楽しめるかなって気がします。



内容を深く理解できないかもしれないけど
小学生の高学年でも楽しめるかもしれません。




いや、もう1回見たいんで
ほぼDVD買います。




完全にやられました。






お子様が映画を気に入ったら、
ぜひ、小説版をすすめてみてください!
読書好きへの入口になるかもしれません。




小説版 君の名は

おすすめの記事