2016年11月16日水曜日

タイのローカル色の濃いペットショップの風景。

ハムスターの水をあげる装置が壊れたので
バンコクのオンヌットの先にある
ペットショップに行ってみました。


ここは昔、スクンビットをメガバンナに向かっているとき
ちょっと左手に見かけて
行ってみたかったところなんです。



実際に間近で見ると
かなりのローカル色の強いペットショップです。


おしゃれなんて言葉は
このローカルペットショップの中では禁句です。


無骨。


お客が快適?(´д`ぇ?)何いってんの?


といった感じ。


でも、自分はこれくらい
気を遣わなくても良い
タイっぽい雰囲気が好きです。


ハムスターの水やり以外にも
グッピーを3匹買いました。



日本人として生活をしていると
小奇麗なところに行く機会が増えます。


が、時々
どっぷりタイローカルに触れると
昔のタイに来たての情熱あふれた頃の思い出がよみがえります。



来たばかりの頃は
ローカルのみに触れる生活でした。


ドンムアン空港に
スポーツバック1つで降り立ち、
とりあえず、伊勢丹方面に
赤バスに乗って向かったこと。


青バスより赤バスの方が安いから
青バスをスルーしてでも赤バスで会社へ行った日々。


マンションのヤムさんと一緒にビールを飲みながら語る夜。
ヤムさんの友達とも仲良くなり一緒に遊びました。


マンションの向いに住む尼さんが
夜10時になるときまって夜ごはんのあまりものを
プレゼントしてくれました。

暑いだろ?と扇風機まで貸してくれました。


よく通っていたタイ飯屋さんが
果物が手に入ったと
ただで食べさせてくれたこと。


プラトゥーナムのお店の経営者と仲良くなって
一緒にご飯を食べに行ったこと。


そんなことを思い出したペットショップでした。