2016年11月17日木曜日

1度しかない人生だから、生きたいように生きる!


人生は1度きり


人によっては
「早く定時にならないかな」
「早く週末にならないかな」
金曜日が一番うれしいみたいな感じですよね。


人生みな一度なんで、
自分の寿命が縮んで欲しい人は
1人もいないはずなのに
「早く定時になって欲しい」とか
「早く金曜日になって欲しい」と思っている人は
「早く自分の寿命が縮んでくれないか」
と思っているということじゃないですか。


これってすごく残念ですよね。


IT企業ウォンテッドリー CEO仲暁子

==============


自分が考えていたことを
ずばりと明言してくれています。



人生1度きり。
2度あるなら今の生き方で良いけど、
1度きりだから
自分のやりたいこと、楽しいことに
トライしてみたい。


それが自分が転職するときの
強い動機でした。



早く週末にならないかな。
週末になったらなったで
日曜にサザエさんの憂鬱な症状に襲われる。


絶望と共に眠りにつき、
死んだ魚の様な目で朝を迎える。



ちょっと過激な表現ですが、
そんな生き方は絶対に嫌だという
若いころだからこそ
純粋に思っていたことがあります。



今はそこまでは思わなくて
もちろん、人それぞれいろんな生き方があって
何が正解ってわけではないと思っています。



辛いことに耐えて
何かのために努力し続ける生き方も
素敵だと思います。

スポンサー


ただ、こと自分に関しては
早く1日が終わらないかな、
早く週末を迎えることができないかな、
早く長期休暇がこないかな、
という生き方をしたくはないと考えていました。



結果として今の仕事にたどり着くことができ、
かなり満足はしています。
ただ、簡単にたどり着いたわけではなく、
かなりの勇気が必要でした。



失敗するかもしれない恐怖が
いつも付きまとってきます。



ただ、さっきも言いましたが、
自分の根底にある思いが後押しをしてくれました。


人生は1度しかない。



だからこそ、人生を幸せにするためには
1日を幸せにする必要があって、
そのためには1日の大半を使う
仕事を楽しいものにする必要があると思うんです。



辞めることなく、
今の仕事に楽しみを見つけることができたら
それはそれで問題ないと思います。



でも、見つけられない人がいても
それを責めることができません。



自分にどうしても合わない仕事は
存在していて、それをその人の努力不足という
簡単な言葉では片づけられない現状もあるからです。



仕事に楽しみを見いだせない自分が悪いんだ。
仕事に合わせることができない自分が悪いんだ。



真面目な人こそ、そう思い込んでしまって
自分を精神的に追い詰めてしまいがちで
鬱になる人も多くいるようです。



例えば失敗しても
それはマイナスではなく、
一瞬0地点に戻るだけ。



またそこから歩みはじめることができる。



そう考えて、自分を責めすぎる必要はなく、
新しい仕事を探したり、
生き方を探すことも素晴らしい生き方だと思います。



1度しかない人生。
悔いなく。




おすすめの記事