2017年5月26日金曜日

月面着陸に成功したアポロ11号の機器はファミコンレベル?なぜ未だに月に行けないのか。

アポロ11号

都市伝説なのか真実なのか
よくわからないが、
月面着陸を成功させたアポロ11号の
コンピュータがファミコンより劣っている
という話を耳にする。

一節によると、
ファミコンの方が処理速度が10倍で
メモリの容量は100倍だと。


優っていたという情報でも
アポロの機器のメモリはファミコンの2個分しかない
という情報も。
ファミコン


いずれにせよ、
今の時代と比べたら、技術的には
圧倒的に低いレベルだということには
変わりはないだろう。


1969年にアポロ11号が月面着陸成功させ、
今年は2017年ということで、
約半世紀経つ。


こんなにも圧倒的に技術が進歩しているにも関わらず、
なぜ未だに月に行けないのか不思議に思う。


もしかしたら、
それくらい月面着陸は1969年時点では不可能だったことで
博打のように成功させたのかもしれない。


ほぼ無理だろうことを奇跡的にマンパワーで
ごり押しで成功に導いたのかもしれない。


だとすると技術が革新的に進歩した今でも
まだ成功する可能性が100%ではないので
危険を冒してまで
月に着陸させる必要はないと判断しているのかもしれない。


自分がおじいちゃんになっている頃には
さすがに当たり前に月に行き来できているのかもしれないな・・・


1969年に比べたら、
自分たちの身の回りの技術があまりにも発展しているのに
未だにあの頃の技術で可能だった月面着陸ができていないことに
少し疑問を覚えた。


というお話でした。

おすすめの記事