2017年4月24日月曜日

映っちゃた映像グランプリのCG感と声優にがっかり

昔から心霊写真や怖い話、恐怖映像、
矢追純一のUFO番組とか好きで見ていました。


自分の知らない世界があるかも・・・
という好奇心と、うそだろって疑いの気持ちが
入り混じって、興味深く見ていました。


特に好きだったのが大学時代で、
独りで部屋にこもって、
あえて豆球の電気にしながら
より怖さを高めてみていたことも。
懐かしいです。


これを当時人に言うと驚かれていました。


最近、「映っちゃった映像グランプリ」
というのがやっていたので、
昔の懐かしい気持ちも重なってみてみました。

映っちゃた映像グランプリ

が、あの頃のドキドキ感を味わえるかな
と期待していただけに
がっかりしてしまいました。

CG作品が多過ぎる


今のハリウッド映画は
CG技術が高まっていて、
当たり前にCG映像を見ていますよね。


なので、映っちゃった映像グランプリを見ていても
確実にCGだというものがあり過ぎて・・・
映っちゃた映像グランプリ


CG技術をあまり目にする機会が無いときなら、
驚いていたと思うんですが、
2017年の今では騙せないですね。


もうCGバレバレで、
それを見ているスタジオの人たちも
きっとリアクションが難しいんじゃないかな。

嘘だろw
ってリアクションをとって良いのか、
純粋に驚いたふりをすれば良いのか。。。


もうCG作品を楽しむ番組だと
割り切った方が楽しめるのかも。

妖怪ウォッチの声優のナレーション


妖怪ウォッチの声優さんのナレーションの声が
個人的にはすごく耳障りで
面白さが弱まっているなと感じました。


子どもがでも見やすいように
妖怪ウォッチの声で軽い感じにしているのかな。


映像と声が一致していなくて、
かなりの違和感が・・・


もう昔のおどろおどろしいような
何か不思議な怖さのある番組を見たいな。